メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

「つながり」について

11月25日の日曜日。寒くなってきた。

もうすぐ師走だからなあ。    1年が短い・・・。

 

新聞の投書欄に出ていた話。

小学生の子どもが「知らない人に声をかけられて怖かった」と言うので、尋ねると「こんにちは」だった。

これって、考えさせられる。  でしょ?

 

それで、少し考えてみた。

 

障害者雇用の問題では、各行政機関が法定雇用率をごまかしていた。

所管の厚生労働省関連の組織でも、だ。

これは勘違いとか、うっかりミスではなくて、障害を抱える人への軽視(か差別)の問題だろう。

 

日本で働く外国人労働者の失踪の理由について、「より高い賃金を求めて」と政府は発表していたが、事実は「低賃金と劣悪な労働条件に耐えかねて」ということだった。

これも、資料の読み取りミスなどではなくて、意図を持ってそう話しているのだろう。 けっこう芸が細かい。

 

家庭では、それぞれがスマホに夢中で会話が少ない。

スマホ中毒が社会問題になっているくらいだ。 でもやめられない。

 

これら、心配の根っこは同じなのではないのだろうか。

「つながり」が弱くなっている。

人に対して「つながり」や「やさしさ」を、自分から断ち切っているようにも感じるのだ。

 

高齢者問題がピークを迎える2025年問題。

拍車がかかる少子化問題。

それぞれの地域に抱える、消滅の危機。

 

全世代不安社会は、それぞれの「つながり」を消していくようだ。

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »