メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

「予測困難な時代」と言われて

1月8日の日曜日の朝だ。

寒い! 年が明けて初めて太陽の光が無い。夕方ころから雪が降ってくるのかもしれない。

 

年末年始の冬休みの後、2日間出社してまた3連休だ。休み明けの10日からが、いよいよ本番ということになるのだろう。

日本標準では、13日に全社員会議、そして14日からは各地で新年度会議がスタートする。

私の頭は、今完全にそのことに集中している。

 

そして私の思考は、このブログの標題である「予測困難な時代」という表現から始まる。

元旦の新聞各紙でも、このニュアンスは多かった。

(文科省の「中教審答申」でも、この意味での分析から始まっている。)

・世界初の超高齢化社会

・超借金大国日本

・貧困格差問題

・AI(人工知能)の発達と、これからの社会   等々・・・

そしてこの数日は、アメリカのトランプ氏の発言もこの要素の範疇なのかもしれない。

 

一つはっきりしていることは、それらの諸問題に対して、だれも答えがわからないから、「予測困難な時代」なのだ。

TVの報道番組などでも、いつもその話をしている。いわゆる堂々巡りだ。

ではどうするか、・・・・それを考え続けるしかない。

教育の力で、何ができるかを。

 

「学びとは何か」(今井むつみ著 岩波新書)を読んでいる。

今井氏の「探求人」のススメを学びながら、そんなことを考えた。

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »