メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

「分断の深化」の時代だろうか

5月20日の日曜日。 昨日に比べて風が冷たい・・・でも爽やかな朝。

 

あったことを無かったことにする。知っていたことを知らなかったことにする。

・・・今、そんなことがまかり通っているのではないか。

そしてそのことを問題だと言うと、今そんなことをしている場合か、もっと国政上の大事なことがある・・・・(と、話をはぐらかす)。

 

その国政上の大事なことに「働き方改革」というのがある。

でも、はたして誰にとっての改革だろうか?

過労死問題が起きて、その対策かと思っていた。

しかし、様子がおかしい。「高プロ(高度プロフェッショナル制度)」は労働時間の規制を撤廃する動きだ。

高度の技術と一定の高収入というカテゴリーの集団は、残業代をゼロにするという制度になる。

これは、労働時間というのはひとまず置いといて、とにかく結果を出すという制度ということになる。

実態として、過労死や表に出ないサービス残業が増えていく流れだ。

この制度を誰が歓迎しているだろうか?

      ・・・・大企業の経営者だ。社員ではない。

 

こんな心配をしてしまうこの世の中、国民一人ひとりが納得したり、安心したりできるようになっているのだろうか? 

少なくとも、誰かにとって都合がよいことが、それは別の誰かにとっては不都合なことになる・・・。

こんな感じが私には疑問だ。

 

政治思想史の研究家、齋藤純一氏は最近の世相を「分断の深化」と言っている。

その言を借りると、最初の話も、働き方改革も、全体満足や全体安心ではなく、片方満足や片方安心であり、確かに分断だとも思えてくる。

 

このへんのところ、皆さんは、どうお考えでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »