メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

「生きる」を読んで

私は、生きている。   ・・・・・・・・・

     私は、今、生きている。  ・・・・・・・・・

           私の生きる、この今よ。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたも、感じるだろう。  この島の美しさを。

  あなたも、知っているだろう。  この島の悲しみを。

そして、あなたも、私と同じこの瞬間(とき)を、

                一緒に生きているのだ。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

6月23日に「沖縄戦没者追悼式」で朗読された、14歳の中学3年生、相良倫子(さがらりんこ)さんの詩「生きる」から少し抜粋した。

何と清らかで、強く、そして美しいのだろう。

(ホントは全文を載せたかったのだが、ここには長すぎた。)

 

ちょうどその反対のことを一つ、

「がん患者にやじを飛ばした国会議員」の話だ。

受動喫煙対策の法案審議で、参考人として出席した肺がん患者の方に対して「いい加減にしろ」とやじを飛ばした。

その心は「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思い」だったらしい。

  (ふつうの感覚の人は、ここで絶句する。)

この議員さんは、地元の大分でがん研究振興財団の理事をしていたが、自分から申し出て辞任したということだ。

  (これから、がん撲滅研究の反対運動をするのかな?)

これはもしかしたら、笑い話か? いたずらか?

      ・・・というほど、ひどすぎる。

 

14歳の少女の「生きる」という詩の全文を、50回くらい読ませたい。

 

私なら、この二つの題材で、道徳の授業をしてみたいなあ。

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »