メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

「自殺願望者」連続殺人事件

11月19日の日曜日。

昨日は曇天で木枯らしが吹き、寒い1日だったが、今朝は快晴だ。

洗濯ものを外に干した。蒲団も、2階のベランダの柵に広げようと思っている。

こちら関東も寒くなった。12月半ばの気温らしい。

 

昨晩は、佐賀から嬉しい電話が入った。

中学の同窓会会場からだった。

古稀の節目の同窓会で、やはりふだんより集まったらしい。

「順番に替わるよー」と、数秒ずつ6、7人と話した。

55年ぶりでも、名前を聞いた瞬間に中学生の友の顔が浮かぶ。

友の、家の場所まで思い出す。不思議な、マジックのような感覚だった。

無理しても行けばよかったな・・、少し後悔した。

 

話はごろりと変わって、

考えさせられるのは、「自殺願望者」連続殺人事件。

これは、あまりにも現代の闇を象徴した悲劇だろう。

高校生たちもいた。本当は死にたくない「自殺志願者」もいた。

話す相手がほしかった。話しかけてくれる人がほしかった。でも、自分にはいないと思い込んでいた。

そんな人たちが、あるいは、そんな人たちを見つけた人が、現代の情報社会の中では、仮面をかぶって交信できる。

素顔を出さない中の「ホンネ」もどきの言葉は、案外すらすら出てくるのではなかろうか。

そこに、何かしらの救いを求めてしまうのもわかる気がする。

 

文科省の言う、「将来の予測が難しい社会」は、今、こんな闇の世界を増幅させているような気がする。

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »