メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

この時期を、大切に

今朝も、富士は輝いていました。
「俺は、元気だ、君等も頑張れ!」そう、語りかけているようでした。

卒業式シーズンですねえ。
14日(金)には、家の前を卒業式に向かう親子を何組も見ました。
中学校ですが、子どもと両親の3人組がほとんど。
近頃は、父親の卒業式参加が当たり前になったのだなあ、と認識。

私なんか・・・、あっ、これは余計なこと。

さあ3月も、はや半ばを過ぎました。

さすがに落ち着かないですね。

この季節・・・
見本は、ちゃんと販売店さんのところに届いているだろうか・・・。
金ROMで、ご迷惑をかけていないだろうか・・・。
忙しい先生方に、1フレーズの声かけはしてくれているだろうか・・・。

いろんなお問い合わせに、うちはちゃんと対応できているか・・・。
1年間、安心して使っていただけたのか・・。

思うことは、繰り返し、繰り返し、こんなことです。

この1年、国の求める子ども像や学力観。
そして学校の実情とのギャップも抱えながらの、さまざまな積極的な取り組み。

これらを観察しながら過ごしました。

学校が、どう変わっていくのか、まだこれからです。
誰もが、模索しながら、取り組んでいくのだろうと思います。
そして、数年後にその変化を実感するのでしょう。

ただ間違いなく、今私たちはその巨大な変化の真っ只中にいるということです。
その変化に、参加しているのです。
参加の仕方で、変えられるものがあるということです。

3月の残りの日々、その過ごし方。
そして4月の結果で、私たちの仕事の、未来へのポジションの方向性が定まっていくのかもしれません。

私たちは、戦後教育を支えてきたわが業界の歴史に確信を持って、しっかりとスクラムを組んで学校をサポートしていくのだ・・・。

そう、思う毎日です。


«  | 記事一覧 |  »