メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

やさしい まなざしを

12月2日(日)。曇り空から青空に変わろうとしているような空模様だ。

そう、もう12月。 「あれあれと 思う間もなく 師走入り」

 

今朝、ウォーキングから戻り、朝食の準備をしていた時間(朝6時)に、NHK「目撃 にっぽん 退院したい」というドキュメント番組が放送されていた。

しっかり全部は見られなかったが、精神疾患の障害者の人たちが入院する病院のレポートだった。

入院患者の一人の男性は、17歳で病気になり、現在78歳。この60年間ずっと病院で生きてきた。

「何もしたいことはない」「子どものときから何も楽しい思い出はない」

 

この施設では、治療して回復したら、社会復帰をさせたいと考えている。

しかし、それがとても難しい。   

退院の条件である、家族(親族)の承諾を得られないのだ。

ある女性が、障害者年金を頼りに自活しようと、施設を出てアパート住まいをするために部屋を探していた。

家族の承諾も難しい。さらに、このアパートの部屋を借りるのが、とても難しいことだ。

一度了承を得ていても、いざ引っ越しとなるころにキャンセルが多い。

不動産業にも、いろいろ事情があるらのだろう。

病院と地域のNPO組織との話し合いと努力によって、結果的にこの女性はアパートに入ることができるようになった。家族の承認も得て。

 

病院の、ひとりの看護師の女性の行動を軸に、この番組が構成されていた。(使命感の強い、すばらしい看護師さんだった。)

「これまでは、退院させたいと思ってやってきたが、今は、退院させなければならないという気持ちになった。」と彼女は話していた。

 

社会的な弱者と考えられる人は、社会に多く存在する。

その世話や始末を、自分の責任で、家族の力で・・・当然限界がある。

そんな人たちに、私たちは、地域は、そして国は何ができるのだろうか、いや、何をしなければならないのだろうか。

深く考えさせられた。 

私は、この視点から教育問題も考えたい。 子どもは弱者だから。

 

思いついていたテーマを変更して、今朝の体験を書いた。

     もう、青空になった。

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »