メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

スマホが 学力を破壊する

4月29日の日曜日。  大型連休の二日目の朝である。

天気も良く、夏日が続いている。 昨日も公園でおにぎりを食べた。

 

昨日、注文していた本がアマゾンから届いた。(紹介します)

「人工減少社会の未来学」  (内田樹 編  文藝春秋)

「国体論」         (白井聡 著  集英社新書)

「スマホが 学力を破壊する」(川島隆太 著 集英社新書)

金曜日に日経新聞の広告を見て注文していた。 翌日届いた!

連休中のお楽しみ用だ。

 

その中の「スマホが・・・」をパラパラめくってみた。

すると著者自身が書いている。

これだけスマホが普及している現実の中で、この本を上梓することは、非常にアウェー感が強い、と。・・・少しわかる。

目次をいくつかピックアップすると、 

第1章 スマホを使うだけで成績が下がる!? 

第2章 睡眠不足が成績低下の原因か

第6章 どれだけの生徒がスマホ等を長時間使用しているのか

第7章 勉強中のスマホ使用の実態

第9章 スマホが脳発達に悪影響を与えている?

第10章 スマホの依存度評価   ・・・・と続いていく。

 

そして著者自身の実体験を紹介している。

・休日のレストランで食事中の親子。テーブルにご馳走が並んでいるのに、各自がスマホに夢中になっている。

・電車の座席で子どもが話しかけているのに、スマホに夢中の親は生返事しかしない

 

脳科学者、脳の発達の専門家の川島先生は、本気で心配している。

「ITを使うと前頭前野(脳)は働かない」と。

そして「対人コミュニケーション」の大切さを強調しておられる。

 

子を持つお母さま、お父さま、気が進まないかもしれないけれど、これは読んでおくべき書ではないでしょうか。

まだ間に合ううちに!  子どもも、自分も!

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »