メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

久しぶりの旅に出て

10月8日の日曜日。好天の秋空だ。

明日が体育の日で休日ということもあってか、静かな朝だ。

早朝ウォーキングでも、日曜日は行き交う人が少ない。

 

さて先週の後半には、新潟まで出かけてきた。

家人が倒れてから出張がガクンと減り、社長を退いてからまた減っていた。県単位の販売店さんの会議などには、ほとんど参加していない。当然、それでいいと思う。

それでもたまには出かける。自分で行こうと思ったときに。

そしてやりたいことしようと思う。

今回は、そんな旅だった。

 

店内会議ということで、およそ1時間ほど教育の話をした。

そのあと場所を変えて、全員との意見交換会。

私の出張の楽しみは、昔からこれだ。

私の話についての感想や質問を聞く。

学校や先生の様子を聞くと、やはり現場の大変さが伝わってくる。

各自の発言が一回りすると、そこからはフリートーキング。

これが楽しい。若い人も(私に)慣れてきて、だんだん本性を現してくるから。

仕事に熱心に取り組んでいる若者の話は面白い。その成功談も失敗談も。みんな明日に活きることだ。

時は楽しく過ぎる・・・。

豪雪地の夜は冷えた。   私の心は、ほっこりと温まっていた。

 

さあ、衆議院総選挙だ。18歳、19歳の若者たちは、何を考えて、誰を選ぶのだろうか。

自らの未来を託す相手を、見つけられるのだろうか。

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »