メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

京都に、そして3月最後の一週間に

今日は、3月22日の日曜日。

昨日は、京都から戻ってきた。

目的は、観光旅行、いやいやそんなわけない。

私が尊敬する、京都大学の田中耕治先生との再会を果たすためである。10年ぶりくらいだから、大げさじゃなく、再会だ。

しかも今回は、初めて奥様ともお会いすることができた。今まで電話でお話しすることは数回あったが、今回お会いして、あらためて想像通り、いや想像以上に、そのお優しいお人柄に引き込まれた。

京都の料理屋さんらしい落ち着いた空間に浸りながら、私は嬉しさのあまり時を忘れて話しこんでしまった。

奥様の運転で滋賀県まで帰宅されるのに、私がグダグダ話しすぎて、ご迷惑をかけてしまった。

でも、教育の話、楽しかったなあ。

これからの教育は、これまでの教育の検証抜きにはあり得ない。教育現場のための改革しか改革ではない。道徳の話、英語の話、外国の教育事情等々、同意、同意、話は尽きなかった。

年に一度の面談を約束して、お別れした。

 

その気分がまだ残っている日曜日の午前中だが、考え直せば3月もあと一週間に。

あっという間に4月の本番を迎えようとしている。

この1年間の活動をいかに結果につなげるか、最後まで訴えていきたい。

まさに、全国のお仲間と共に!

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »