メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

今起こっている、さまざまな差別について

8月5日の日曜日の朝。

今朝も、命にかかわる危険な暑さの1日が始まっている。

早朝ウォーキングで行き交う人とのあいさつも、「暑いですねえ。」「ホントに!」ばかり。

 

さて、教育の目的は、「平和」と「民主主義」と「人権」の理念を子どもたちに身につけさせること、ということが言えるだろう。

過去に、悲惨な戦争に巻き込まれ、多くの人々の命を失い、奪った、つらい体験からの、教訓であり、決意である。

 

なのに、何だろう。最近のこのざまは!

「生産性が無い」とLGBTカップルに対する自民党女性議員の発言。

同性愛を「趣味」と言った、同じく自民党の男性議員。

 

驚くのは、自民党がこの問題に対してきちんとした処置をしないこと。

個人の見解だからとか言って、あいまいなままで、組織的に反省の動きをしないことが恐ろしい。(現に、二人とも何の反省もしていない。)

 

そして、東京医科大の入学試験での、女性に一律減点事件。

どうも前からの慣行であったらしいこと。

そして他の大学でも同じようなことが、あったような・・・。

 

おいおい、一体どうなっているだ。

この二つのことは、どちらも国内以上に海外で話題になっている。

 

共通する問題は「差別」。

日本は、差別の強い国ということで話題になっているのだ。

そしてそれは事実らしい。

 

2017年、「世界男女平等ランキング」(「世界ジェンダー・ギャップ報告書」)において、114位だ。

しかも、この順位は毎年下がっているのだ。

 

「平和」「民主主義」「人権」は、日本国憲法の基本理念である。

そし明日8月6日は、広島原爆の日である。

 

うだるような暑さの中で、戦後73年を振り返り、

社会のあり方、教育のあり方を考えてみるのは、いかがだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »