メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

健康の大切さについて

一日降り続いた雨も、今朝はすっかり晴れあがった。
富士の山頂付近に少し雲がかかっていたが、素晴らしい快晴だ。

この3連休、各地で文化祭や、ウォーキング大会が開かれている。
私の散歩コースである入間川沿いの道にも、そんな張り紙があった。

ところで、みなさんは、健康でしょうか?

私は、昔から体の強さや健康だけが強みのような人生を送ってきた。

しかし、最近はいろいろと心配なところが出てきている。
健康というものの価値が、自分の中で相対的に高まっているともいえる。

そこにきて、昨晩は娘から電話が入り、孫が高熱で入院したと。
私の実兄も入院中で、月に1.2回見舞いに行っている状態だ。

だから、みなさんに健康について尋ねたのだ。
でもみんなそれぞれ自分や身内の健康について、心配事があるのだろうなあ。

さあ、気持ちを切り替えて、11月だ。

明日3日は文化の日。
そして4日は、私たち日本標準では全社員会議を開く。
中間総括を中心に置いて、これからの進め方を確認する。

今、国からは矢継ぎ早に「教育改革」案が出されている。
昨日の新聞見出しでいえば、小中一貫だ。

道徳や英語の教科化、ICT教育の推進、教育委員会の改革、等々。
そして、小学1年生を40人学級に戻すという案も出てきた。
もっともこれは財務省案で、文科省は反対している。(当然!)

これだけ制度変更案が続くと、学校現場は本当にしんどい。
まず費用が膨大にかかる。それにも増して気の遠くなるような実務作業が必要だ。

今、これらが全部必要なのだろうか・・・・?
学校現場の「多忙感」を考えると、そう心配してしまうのだ。

そして、そんな思いで作ったのが、日本標準「授業ナビ」。
「がんばる先生を応援し隊(たい)」と、この秋発表した。
全国のお仲間たちと、この運動を大きく展開していきたい。

4日の全社員会議は、そのことを再確認する場でもある。


«  | 記事一覧 |  »