メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

初めて、セルフ式でガソリンを

昨日の2月1日、山形から戻った。

1月31日(金)の山形会議に数年ぶりの参加だった。
めざす地は、山形駅を少し越えて天童市。

福島を過ぎて米沢あたりではものすごい積雪、山形で雪が少なくなって、天童はまた雪の街に。

久しぶりだったので、とにかくみんなと話した。
10年位前の新人や若手たちが、今は立派な中心選手に。
その成長ぶりが、嬉しかった。

さて、表題の「セルフ式でガソリンを」の話だ。

GSが、どんどんセルフ式になっていくのを見てきたが、私の使うところはそうではなかった。それでそのまま過ごしてきた。

ところが、そこが「工事中」となり、よく見ると「セルフ式に改装工事中」だった。
「参ったなあ」と思っているうちに、車のガソリンが少なくなり、やむを得ずうちから二番目に近い(そこはセルフ式の)GSに行ったのだ。
(ほかの客がいないときを狙い、操作を教えてもらおうと思って)

結果、高校生のような若いお兄ちゃんが、気の毒そうに、そしてすごく優しく教えてくれて、無事ガソリン注入を終了した。

やってみたら、ホントに簡単で合理的なシステムだった。

皆さんには「何をつまらないことを」と言われそうだが、私には、未体験のことに対するためらいと、一つの達成感があったのである。

何事も、やってみてわかる。やってみて覚える。

これも、(かなりレベル低いが)一つの活用する力なのだろう。


«  | 記事一覧 |  »