メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

国の教育予算は、やっぱり少ない!

12月16日、寒い日曜日の朝だ。

早朝ウォーキング時はマイナス2度。 北国の人には悪いが寒い!

さあ、今年も残りほぼ2週間。 この年齢になっても、やっぱり焦る。

 

昨日、近くの電気店に行った。(TVがこわれちゃった!)

すると、そこの売り出し中の大きな4KTVから聞こえたのが、このテーマだ。

「国の教育予算は、先進国の中でほぼ最下位である」という話だ。

もちろん、よく聞いている話ではある。

 

「全国民中の子どもの割合が減っているから、国の総予算の中で教育予算の割合が減っているのは当然」という意見も聞いている。

しかし、少し違う。

では、子ども一人当たりの教育予算支出割合はどうか・・・だ。

       うーん、やっぱり少ない。  

OECD加盟国でやはり最低レベルだ。(OECD2017年版教育白書)

北欧諸国はもちろんのこと、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、

・・・日本は少ない。唯一韓国よりは多いだけ。

 

日本は、世界の中で高等教育への進学率が高い国だ。

それを考えると、幼児教育から大学まで、家庭の教育費負担が大きいことがわかるだろう。

 

明治以降、そして戦後、日本は教育の質の高さで世界と競い、発展してきた。(地下から石油もわかない日本は、国を挙げて努力してきた)

なのに今、この実態はどうだ。 おかしい。

 

現在の、自己責任社会の日本では、教育までもが自己責任なのか。

憲法の精神にある「教育の機会均等」。

この修正を、誰か考えているわけではないだろうけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »