メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

常軌を逸するとは、このことか

1月28日の土曜日。今朝は暖かい。

昨日は、あるお別れ会に出席してきた。

享年90歳、堂々の人生を全うされた。いろいろとお世話になった方だった。

 

このところ、大いに心配なのはアメリカトランプ大統領の言動だ。

外交の、そしてこれまでの常識をすべて逸脱している。

メキシコの国境に壁を作る。そしてその費用はメキシコが負担しろ。

メディアは嘘つき、黙っていろ。

工場は(アメリカ)国内に建てろ、でなければ国境で高い税金を払え。

 

これまで戦後70年をかけて、国連や、2国間交渉、その他いろいろな協議の中で築き上げてきたことが、この1か月で総崩れを始めたような印象を受けるのだ。

一体、アメリカはどうなるのだろう。そして私たちは、世界は、どんな影響を受けるのだろう。

サンダース上院議員が、懸念をこう語っている。

「我々は巨大な問題に直面している。妄想を抱く大統領がいることだ。」

 

日本政府が期待しているような、協調や相互理解や過去の実績など、そういうものとは、明らかに質が違っている。実は気付いているはずだ。

日本の政府に、聞きたい。

妄想の超大国に対する、日本のあるべき姿勢を。

 

これは、未来を創る営み、教育の大問題でもある。

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »