メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

平成の最後に 美容院へ

4月28日の日曜日。 10連休がスタートしている。

数日前は夏日にもなっていたが、連休に入ってからは風が冷たい。

TVでは、「平成最後の○○」が連呼されている。

日本で戦争が起きなかった平成の時代。(世界では起こっているが・・・)

大きな災害が起こった平成。(復興には程遠い)

そして、予測が難しい状況の中で令和の時代を迎えようとしている。

私事(仕事以外)でいえば、妻が倒れたこと。  もう9年経った。

とにかく私の生活が一変した。・・・あっという間の9年間。

昨日、妻を美容院に連れていった。 倒れて以来初めて。

退院して自宅に戻っての生活が始まったが、それまで妻が通っていた行きつけの美容院は、自宅から離れていて不可能だった。

体の状況が大きく変わり迷惑をかけるだろうと、それも気になった。

困ってしまい、私の通っている近所の床屋さんに相談して、今日まで通っていたのだ。

ずっと、そうしてきた。  

    ・・・妻は何も言わなかった。でも気持ちはわかっていた。

今回、決心して、近所の妻のお友達に美容院を紹介してもらった。

そして、妻の昔の写真を持参して髪型を見てもらい、お願いした。

美容院の女性は、妻の体の様子を気遣いながらカットを進めてくれた。

・・・終わった。

美容院を出るとき、妻は とても とても 嬉しそうだった。

わが家の、「平成最後の美容院行き」だった。


«  | 記事一覧 |  »