メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

新しい年を迎えて

年が明けた、と思ったら、もう4日。

・・・新年、おめでとうございます。 
・・・今年も、どうぞよろしくお願いします。

皆さんは、初夢は見ましたか?
(私は、見たんだけれど、思い出す前に忘れてしまった)

素敵なお休みだったのだろうか?
私は、年末年始の休み中、隣の川越に1回行った以外は狭山市内にいた。

暇だった、というのとは違う。

いつも何かやることがある。買い物とか、掃除とか、食事の準備とか・・・。
朝食のあと、午前中は基本的に机に付いて何かしていた。

早朝ウォーキングと、妻を1日1回外に連れ出すこと、これも毎日続けた。

そう、毎日ほとんど同じパターンの毎日と言える。

そしてそんな単調な日々の連続のなかで、もう仕事始めが近づいたわけだ。

始まるとすぐ、その週のうちに全社員会議(社内)と新年度会議(東京)。
休み中、そのことに焦点を合わせて、いろいろ考えてきた。

朝日新聞では、元旦から一面トップで教育特集をしている。
1日・・・グローバルって何
2日・・・(休刊日)
3日・・・格差を超える
4日・・・授業の未来形

今日までは、こうなっている。
このあと、どう展開していくのかはわからないけど、けっこう本質を突いたテーマだと思う。

ウーン、参考になる。これでみんなと議論したいなあ。

と、そんなお休みを過ごしている、山田でした。


 | 記事一覧 |  »