メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

暑い、蒸し暑い! でも負けない!

8月26日の日曜日。

スカッとした青空が広がっている。

しかし、しかし、毎日暑い。 毎年、地球全体が高温化しているようだ。

ヨーロッパでも熱波襲来で、山火事が発生している。

 

この金土で、東北方面に出張してきた。

少しは「涼しさ」を期待していたが、なんのなんの、乗ったタクシーの運転手さんと「なんでこんなに暑いんかねー」と話してきた。

そして、今東北地方でフグがとれるという話になった。

確かに、フグが東北で・・・ピンとこない。

 

出張では、販売店さんの社内勉強会の一部に少し参加させてもらった。

この夏の間に、しっかり自分たちの仕事を見つめ直し、意見交換する姿勢はすばらしい。

 

予測不能社会、・・・現代は、そうらしい。

少子超高齢化社会に、打つ手無し! これが予測不能の背景だろう。

「生活保障」の両輪といわれてきたのが、「生活保護」と「公的年金」の制度だ。これがだんだんと厳しさを増している。

そのほかにも、日本では様々なセーフティネットが整備されてきた。

終戦からの50年間の、右肩上がり時代のたまものだろう。

しかし、リーマンショック以降世界の経済は冷えてきて、右肩下がり時代に突入して久しい。

つまり今までのように実行しようにも、その原資が不足してきたのだ。

これからの2020年~2030年、この辺になると団塊世代(まさに自分たち)が、まるまる後期高齢者の仲間入りをして、その負担も急増する。

「予測不能」では済まない現実が、目の前に迫っている。

 

とにかく蒸し暑い毎日。

こんなときも、前を見て、考えて、判断して、行動する・・・

考えないと、変わらない。 これは確かだ。

しかし、暑い・・・。

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »