メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

未来は、変えられる

10月15日の日曜日。

朝5時には歩けたが、今は冷たい雨が降っている。

冬の準備をしなければ、・・・まずは妻の衣替えの手配からだ。

 

1週間後の22日は、衆院総選挙の投票日。日本の近未来のカタチが決まるのだろうか。

突然の解散から、政党のバタバタが続き、アッという間に投票日がやってくる感じがして、今回は特にしっくりこない。

もともと、日本は他国に比べて圧倒的に投票率が低い。

国民性として、政治や社会のことを声高に語ることを好まない。

お上(国)の言うことには従うという、従順性のようなものも感じる。もしかしたら、あきらめが早いのかもしれない。

 

しかし、そろそろ、それは間違いだと気付くときだ。

国の進む道は、国民が決める。そして国民の求める方向に国を持っていくのが政治の仕事。 

これは小学校の社会科で学ぶ民主主義の基本だろう。

となれば、国民は折々に選択する義務がある。そう、投票だ。

 

とにかく、どんな意見があってもいい。

投票という意思表示は大切だ。

私なら、「投票率100%を!」という公約を掲げたいくらいだ。

 

未来は変えられる。

まず、投票からではないだろうか。

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »