メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

東日本大震災、8年目を迎えた日に思うこと

3月11日の日曜日、そして東日本大震災から丸7年という日である。

 ・被害者  2万2千人以上(行方不明、関連死含めて)

 ・避難者  7万3千人

 ・人口減  25万人(岩手、宮城、福島)

これらは、現状の一部だ。

「復興の度合いは?」という質問に答えられない人もいる。原発事故による避難指示が解除されていない、現在居住者ゼロの地域だ。

7年前の大地震の余震が今も続いていると、昨日TVで聞いた。

九州では、新燃岳の噴火が続いている。

高い確率で大地震がもうすぐ起こるとも言われている。

各地の原発再開の動き、・・・・本当に、これでいいのか?

 

そして「森友問題」だ。

安倍首相は「財務省が解明に全力を」というが、はたしてそれでいいのだろうか?

佐川氏は、国会等での自分の発言に合わせるように、公文書の書き換えの指示を出したかもしれない。それはもう完全にアウト。

でもなぜ、佐川氏はそうしたのだろう。

これはもう「忖度」そのものだろう。

その結果、国税庁長官というポストを獲得したのだから。

ということは、佐川氏の辞任では済まないだろう。

何か悪いことを「した」人より、「させた」人のほうが本質的に悪い。世の中およそそう考えて間違いない。(でしょ?)

 

これらは、教育的に「悪い事例」だ。

そしてこの問題が、教育的にさらによくないのが、これまでさんざん嘘をついていたらしい言動だ。

「覚えがない」「記憶に無い」「処分した」・・・実は嘘だった。

 

明日の12日(月)になると、政府あるいは財務省からいろいろ報告があるのだろう。

私たちは、それらを聞くとき、誰が「した」より、誰が「させた」かを、よく考えなくてはならないのではなかろうか。

 

これからの「特別な教科道徳」では、「考える道徳」「自分自身で判断する力」が重視される。

「忖度」より「思いやり」を子どもたちに実感させたいと願っている私としては、この問題を見過ごせない。

 

まず、大人が今、その力を試されている。

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »