メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

災害への備え、わかってはいるけど・・・。

10月7日の日曜日。ほぼ快晴の朝だ。

昼には30度を超えると予想されている。  真夏だ!

 

台風25号は熱帯低気圧になったが、東北や北海道ではまだ雨の心配があるらしい。

そして地震と台風で、北海道の観光客が激減して深刻らしい。

 

それにしてもこの日本、災害が増えたのではなかろうか。

地震は全国各地で起こっているし、台風が来れば、洪水、氾濫、土砂崩れが頻発する。そして、その被害程度が年々ひどくなっている気がする。

 

皆さんは、災害への備えは充分ですか?

わが家の備えをチェックしてみた。 

昔、防災グッズをそろえたことを思い出して、それを確かめた。

リュックの中には、避難用ロープ、ビニルシート、ローソク、そして乾パンや缶詰などが入っていた。リュックの隣にはペットボトルの水が3本。

いつそろえたのか? ・・・たぶん、東日本大震災のときだと思う。

とすると7年以上経っている。 水や乾パンは駄目だろう。

いざというときのための備え、よく言われるが、わが家は不合格だ。

みなさん、ちゃんとされているのだろうか?

学校で安全教育を受けている子どもが家庭にいたら、少しは違うのかもしれない。

 

正直、乾パンや水が少しあっても、いざというときに役立つのかどうか、さっぱりピンと来ないのだ。

数秒で家の裏から土砂が襲って、・・・と聞くと、無力感が先に立つ。

だも、備えは大事なのだろう。 今度ちゃんとしよう。(すぐやろうとしていない。)

 

一つ、嬉しいことがあった。

昨年末に購入したシクラメンの鉢に、花が咲いた。2輪。

今年のはじめに花が咲き終わったとき、葉っぱの勢いが見事だったので、庭にちょこんと置いておいてそのままにしていた。

その鉢に咲いたのだ。薄いピンクの花が。  妻が見つけた。

まったく知識が無いので、それが当たり前のことか、めでたいことか知らない。   でも、何だかいいことが起こりそうで・・・。

 

先日の台風で車庫のシャッターが壊れた。

もうすぐ、その工事の人がやってくる・・・。

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »