メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

熱中症に注意しよう!

朝5時半からのウォーキングでも暑かった。

昨日(31日)は、熱中症で死者まで出たらしい。

今日もすごい。
北海道で夏日の25度、そのほかでは真夏日となる日本列島である。
こちら関東地方では、軽く30度超え、東京は33度までいくとか。

実は我が家でも、昨日初めてエアコンを使ってみた。
(ちゃんと涼風が来て、一安心)

体が、まだ30度超えに慣れていないから、室内でもあぶないのだ。
とにかくマメな水分補給が大切だろう。

最近のニュース、
芸能人の麻薬、理由のわからない殺人事件、5歳の子どもを父親が放置して餓死。
暗いニュースが、暑さとともに続く。

拉致被害者の交渉は、大きな希望だが心配、とても心配。
あらためて調査するというが、調査してわかるというのだろうか・・・?
個人の犯罪を国が調査するというのなら筋も通るが、拉致は個人の犯罪じゃないだろう。

だったら、・・・事実はわかっているはず。
となると、「交渉」の中身を検討しているのではなかろうか。

もう一つ「中間貯蔵」の問題だ。
原発事故の除染処理で出た汚染土を「中間貯蔵」する問題で、住民説明会が開かれている。
住民から「最終処分場になるのでは?」という声が出たというが、実に当然な話だと思う。

だって「中間貯蔵」の先の「最終処分」の話は何も決まってないから。

2日前、「原発ゼロで日本経済は再生する」(吉原毅著)という本を読んだ。
城南信用金庫の理事長で、経営者としてすでに有名な人らしい。

私は、この本を読んで、実に明快な主張に、あらためて納得した。
使用済み核燃料を処理できないのに原発再開は有り得ない、という主張に。

地域限定で賛成や反対と言っている状況ではない。
放射能処理に100万年かかるか200万年かかるかと言われているのだ。

グローバリゼーション、そう、地球規模で考えれば、未来の地球人のために恐ろしい置き土産をするのか、という話だ。

「拉致交渉」は、大きな希望とそれ以上に大きな心配が。
「中間貯蔵」は、人間として試されている問題と感じる。

そんなことを考えている、6月1日の日曜日の朝である。

明日は、全社員会議だ。


«  | 記事一覧 |  »