メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

私たちは どう生きるか

11月26日の日曜日。

一雨ごとに寒さが厳しくなっていく日々のなか、今日は陽ざしがやわらかく、まさに小春日和になりそうだ。

(そうだ、ブログを書いたら布団を干そう。)

 

「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎)が、今漫画になって大ヒットしていることを聞いていた。

そして、今しがたそのことをNHKのTVで紹介していた。

思い出す。岩波文庫だった。私は、たぶん高校生だったと思う。

 

友だちのことを心配する。でも、実際には友だちを助ける行動を取れない。・・・そして悩む。

コペル君の行動や悩みは、そのまま自分のことだった。

考え続けることは、生きている証。悩み苦しむのは、自分が正しい道に向かおうとしているからなんだ・・・。

 

吉野源三郎氏は、「君たちはどう生きるか」という問いを最後に残す。だから、読者は正解の無い問いに対して考えることになる。

 

今、漫画となって大ヒットしている・・・。

なるほど、と思う。

「私たちは、どう生きるか」、これは現代の最大テーマである。

子どもから、若者から、働き盛りから、高齢者まで。

どの世代でも、先が見えにくい。そして生きにくい。

 

今、それぞれの「私たちはどう生きるか」を考えるときだ。

そんな時代だと思う。

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »