メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

自分の思いを言葉にする。そして行動する。

4月15日の日曜日。   全国的な荒れ模様の一日らしい。

こちら関東地方も、今は小雨が降っている。風はないようだけど。

 

先ほど、妻とオセロゲームを1回やって、2階に上がってきた。

通っているリハビリ施設でオセロゲームをしたと聞いたので購入し、休みの日などに二人でときどきやっている。

私も下手で、妻は斜めに挟んだものをよく見落とすので、なかなかゲームが進行しないが、リハビリにも良さそうだし、二人の会話にもなるようで、今は続けている。

 

昨日の土曜日、近くにいる二人の孫(中一と小五の女子)がやってきた。

いつもけんかばっかりしているようだったが、二人のやりとりを見ていたら、お姉ちゃんのほうが雰囲気が少し変わっていた。前より妹にやさしい。口では文句を言いながら世話をしている。背が伸びたのも感じた。

そういえば数日前、娘のほうの孫(男の子)の小学校入学式の写真が送ってきた。私が買ってあげたキャラメル色のランドセルを背負っていた。

子どもたちの成長に、時間が過ぎていくことを感じる。

 

あっという間に4月も半ばになっている。

東日本大震災から7年、熊本の大震災から2年。

今も仮設住宅にたくさんの人が住んでいるんだ。辛いなあ。

 

トランプ大統領のシリア攻撃、あれは正義か? パフォーマンスか・・・?

 

日本は、どうだろう。  おかしい。 例えば・・・

「首相案件」と強調し、実際に例外的にその方向でコトが進んだ。

今その経過と思える「記録」(聞かされたほうの記録)が出てきたら、話したほうは「記憶」にないという話だ。 通用する話なのか・・・。

一国の責任者が、個人の事情で公金を動かすというのは、事実としたら情けない。

 

ミュージシャンの小沢健二さんは、「僕が訪れている街でデモが起こっていたら、とりあえず行ってみます」と自身のウェブサイトに書いている。

自分の思いを言葉にする。そして行動する。

日本をそんな国にしたい。  子どもたちに、そんな社会を見せたい。

忖度なんかやめて・・・。

 

今、雨はやんだ。 空が明るくなってきた。

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »