メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

7月20日の日曜日の朝に

朝は、「岡山の小5女子、無事保護!」から始まった。
ウォーキングから戻り、TVをつけたら報道していた。 まずはよかった!

このところずっと、このブログは日曜日の朝に書いている。

朝の後片付けなども終わり、一区切りをついたら、2階に上がり机に座る。
妻は(妻なりに)1階で洗面台や台所などを拭いたり、整理したりしている(音が聞こえる)。
聞こえながら、机に向かっていると落ち着いて仕事もできるのだ。

机についてやることは、二つ。
課題を並べて、次の1週間のことを見通すこと。もう一つはこのブログだ。

仕事の課題について頭の整理がついてからブログを書くこともあるけど、だいたいはブログが先になることが多い。

朝の第1印象を、まずつぶやきたいのだ。

私はブログを書くとき、何を書くか全く決めないままPSに向かう。
そして、まさに誰かにつぶやくようにキーを打ち出す。

これは昔から変わらないのだが、一つ気付いたことがある。
日曜日(休みの日)に書くと、内容がどうもプライベートなことが多くなるのだ。

そして読んでもらうことを考えると、どうしても休み明け(が多いはず)。
このギャップが、少し心配だ。

でも、私はそれもいいかなあ、とも思っている。
「あいつは、リラックスしているときは、こんなことを考えてるんだ・・・」と思ってもらえれば・・・。

マレーシア旅客機の撃墜事件、衝撃的だ。
イスラエルとパレスチナ自治区の紛争も、もう戦争そのものだ。

世はグローバル社会だと言われる。
なのになぜか、どんどん世界の緊張が高まっている。

もしかしたら、グローバル経済とは、極度に世界の緊張を高める競争原理を突っ走ることなのではなかろうか。

グローバル社会が本来めざすものとは、ちがうものだ。

今日は、3連休の真ん中。
休み明けは出張だ。さて、その作戦を考えるか・・・。


«  | 記事一覧 |  »