メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

NHK番組 「AIに聞いてみた」

13日土曜日の夜9時、NHKのTVを見た人います?

「AIに聞いてみた」という番組です。

夜の9時以降、ふだんTVを見る習慣がないけれど、このタイトルが気になって、見てしまいました。

約1時間、面白かったなあ。 記憶で少し報告を。

 

(1)健康長寿のためには「食べ物より、運動より、〇〇が良い」

       ・・・この答えは「読書」です。

  *初等教育がしっかり行われた地域は、認知症が少ないそうです。

 

(2)健康長寿のためには「子どもと暮らすな」

       ・・・つまりは「独り暮らしのススメ」です。

   ①独り暮らしは、全部自分で決めて、行動する

   ②子ども、孫との同居は、実はストレスを抱えることが多い

   ③独り暮らしは、新しいことを始めるチャンス、料理など

 

(3)健康長寿には、地域の「治安」が大切

       ・・・地域が安心だと、外出が増える

   ①地域で取り組む、安心のためのボランティア活動

   ②つまり、地域の共同体づくり

 

AIのタイトルから、これからのAI社会、あるいはAI教育のことかなと思ってTVを見た。

でもちょっと違って、AIが教える「健康長寿の秘訣」だった。

 

AIは、10年以上かけて膨大な個々のデータを追い、その中の関連性を見つけ、予測できる未来を私たちに教えてくれた。

居並ぶ学者、専門家が、「読書」という〇〇の正体に驚いていた。

私もびっくりした。  でも、1時間後には、とても納得していた。

 

この番組は、私たちに「AIを上手に使って、かしこい生き方をしよう」と教えたかったらしい。

それは、とても有意義で教育的な番組だった。

 

〈付録〉PPK(ぴんぴんころり)

    NNK(寝ん寝んころり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »