メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

今年も、どうぞよろしく

あっという間に年が明けました。

1月3日の日曜日。こちら関東地方は3月下旬の陽気だとか。

私の冬休みも明日まで、この二日間で頭の整理をすることになります。

全く遠出をせず、家事と読書と散歩をして過ごしました。

 

年が明けて読んだ(読了した)のが次の2冊の新書。

「ぼくらの民主主義なんだぜ」高橋源一郎 朝日新書

「新しい道徳」北野武 幻冬舎

この「新しい道徳」は、本屋さんに行ったときにいつも目立っていたので、一度目を通しておこうと。

「道徳どうのこうのという人間は、信用しちゃいけない」

「道徳の教科書には、やたらと老人とゴミが登場する」

「なぜ人間には道徳が必要なのか」

「道徳を教えるのと、良心を育てるのは別のことなのだ」

「他人の目を意識すると、人間は基本的に道徳的になる」

「道徳を身につけるのは、人生を生きやすくするためなのだ」

「自分が傷つきたくなかったら、他の人を傷つけるのはやめよう」

「結局のところ、道徳は自分で身につけるものなのだ」・・・・

所謂、たけし流なのかと思いきや、とてもやさしく真面目な表現が多い。道徳というものは、いっしょに考えるのものだと、あらためて感じた次第だ。

 

道徳の教科化が本格的に準備される年になろうかというこの1年、私のブログは、この紹介からスタートします。

今年も、どうぞよろしく!

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »