メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

夏休み、そして戦後70回目の8月15日に

夏期休暇中で、静かな毎日を過ごしている。

遠出を避け、いつもと同じような生活を、いつもより丁寧に送っているような感じだ。

朝5時ウォーキングの後、7時までに朝食とその片づけを終わらせる(二人の分業だ)。

8時には、机に着いて何かしらのデスクワークを始める。

11時には、熱中症の心配が無ければ、妻と散歩。スーパーへの買い物を兼ねることもある。

昼食後は、読書や昼寝など、いろいろ。スポーツ中継を観ることもある。そして5時を過ぎると、これも分業体制で夕食の準備に取り掛かる。

7時~8時は、お風呂タイム。これは毎日の重労働。

夜は、9時になると妻がベッドに入るので、それからまた少し時間が生まれる。私の大切な時間だ。そんな毎日・・・。

 

さて、今日は8月15日。

昨晩から「談話」の話題が報道されている。

微妙なので発言しにくいが、気になることを一つだけ挙げるとするならば、「主語」が無いということ。

誰の考えなのかをあいまいにしている。・・・絶妙というのか?

これからの教育では「思考力」「判断力」そして「表現力」が重視される。

表現に、最も重要で欠かせないのは、主語である。

世の中は、教育の場に、すばらしい材料を提供してくれる。

 

 


«  | 記事一覧 |  »