メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

教育は未来を創る ーこの仕事に確信を持ってー

2月7日の日曜日の朝。

いつもの早朝ウォーキングで家を出ると、あたりは、うっすらと雪化粧だった。

夜の間降っていた雨が、寝ている間に雪に変わったらしい。

 

2月4日は岩手、6日は新潟の会議に参加してきた。

関東も寒いと思っていたが、いや寒さの質が違った。寒さが突き刺さってきた。

岩手は、日本標準のふる里である。(創業者石橋勝治は大船渡出身)

教育をめぐる状況に大きな変化が起ころうとしている今、岩手のお仲間との時間の共有が必要だった。

新潟も同じ、これまで私がたびたび訪問し、意見を交わしてきた仲間が多い。「行こう!」と判断し、実行した。

私の事情で、ゆっくりと話し合うことはできなかったが、訪問して良かったと実感している。

私が訴えたことは、タイトルの通りである。

  「教育は未来を創る -この仕事に確信を持って-」

創業者や私たちの大先輩は、何もない原野に「学校直販システム」という線路を、少しずつ伸ばしていった。血と涙と汗を流しながら。

今、その線路は全国に広がっている。

 

そして今、10年後の世の中すら、予測が難しい時代と言われている。

その10年後は、今の小学校高学年の子どもが社会人になるころだ。

彼らが大人になるころ、どんな社会になっているのだろう。

厳しいことはいくらでも思い浮かぶが、明るい展望はなかなか思いつきにくい。

10年後の問題は今の問題だ。今の教育の問題だ。

「すべての子どもに学力を 生きる力を」身につけさせることだけが、私たち大人が、今できることである。

 

「初心に帰る」というのは、そんなことを言うのではなかろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »