メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

福島へ

11月15日の日曜日の朝。

こちら関東地方は、今日も冷たい雨が降っている。

家事をしている身としては、休みの日は青空がほしい。

洗濯ものは、やはり外に干したいし、布団なども外に干した後は太陽の匂いがする。

 

さて、昨日14日(土)は福島県会議に出かけてきた。

私は、情勢分析を中心に皆さんにお話をした。

「社会の不安定要素」が、そのまま注ぎ込まれている学校。

例えば、先生たちの休日も無い超多忙状況。

子どもの貧困がますます広がっている状況。

それに付いてくる学力の格差・・・。

 

そして、新学習指導要領に向けての考察となると、また難しい。

「予測できない未来」に備えて、子どもたちに身に付けさせる学力が予測可能なのか・・・?

こんな禅問答のような話になってくる。

 

私は自分の都合で話が終わったら会場を出た。その後の話し合いで、いろいろ盛り上がってくれていたらいいのだが。

別れ際に「今度来るときは、やはり夜付きで!」とも、声をかけられたが、本当にそう思う。もっとじっくり話したい、と。

 

もう一つ私が話したことを思い出した。

原発事故の被害を受け続けている福島(世界のフクシマ)と、沖縄は同じではないか、と問うたことだ。

どうだろうか?

世界唯一の戦争被爆国、日本。

その中の沖縄と福島。 今あらためて私たちは問われていると思えてならない。

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »