メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

陰山先生と会って

この時期、朝のウォーキングはまだ暗い。

で、天気の良い日には星が見える。

子どものころ、冬の夜空でオリオン座を見つけるのが好きだった。ベルト部分の三つ星を見るのが。

剣道場の帰りはとっくに暗かった。そんなときよく見ていた。

で、探すんだけど、見つからない。

真夜中と違って空が少し明るくなっているからか、彼方のPM2.5のせいか、それともやはり私の衰えた目では無理なのか、理由はわからない。

 

さて先日、陰山英男先生とお会いする機会があった。

本当に久しぶりで、いろいろな話ができて有意義だった。

大阪府の教育委員長辞任の顛末に始まり、教育事情全般に話がひろがった。

そしてやはり、学級崩壊、そして虐待の低年齢化の話に。

今後さらに、そして急速にこの問題が拡大していくと心配されていた。私もまったく同感だ。

陰山先生が従来から主張される「子どもたちの基本的な生活習慣」が、残念ながら悪化している。

そこに目を向けた取り組みをしない限り子どもたちの「基礎・基本」の力は育たない。

そして小学校低学年時の学力の不定着は、生涯を決める。

そして次世代への連鎖も起こす。・・・大きな社会問題だ。

 

これからの新しい教育、その視点を外したものでは、未来は拓かれないということだろう。

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »