メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

46回目の結婚記念日

2月11日、建国記念日の日曜日なので、3連休の真ん中です。

福井など、北陸の雪被害は本当に大変そうだ。ニュースに映る雪景色が、九州出身の私には、想像を超えている。

明後日ころから、また大雪になりそうだとか、心配だ。

 

さて、今日2月11日は、私たちの46回目の結婚記念日。

 

「建国記念日が結婚記念日」というダジャレを、今まで何回話したかわからない。「なぜ、建国記念日に?」というのも聞かれたことがある。

「建国」とか「紀元節」に関心があったわけではない。

46年前、私は日本標準に入社して1年、まだまだ何も仕事ができなかった。

休みが簡単に取れる時代でもなく、編集部は万年超多忙。それでエイヤ!と決めたのがこの日だった、というだけ。

 

あれから46年!(きみまろ風だ!)

やさしく、忍耐深い妻のおかげで、46回目を迎えることができた。(これはまさに本心である。)

いつも帰りが遅く、育児も家計も任せっぱなし。

それがずーっと続いていた。約8年前に妻が倒れるまで。

 

倒れられて、ふと我に返るようにわが家を見てみると、何もわからない。

モノがどこにあるか、お金とかそんなものはどこにどうなっているのか、まるで手も足も出ない・・・。

8年前のことが無ければ、今も同じ生活をしていたかもしれない。

 

今は変わった。   私の生活も、考え方も。

今は、洗濯も掃除も苦にしていない。料理は好きになった。

休日には、妻をなるべく外に連れ出す。散歩とか買い物とか。

 

「大変ですね」「私には無理だ」・・・何回聞いたかわからない。

でも私は今、昔味わったことが無いような充実感のなかで生活している。

早寝早起き型になって、朝ごはんもしっかり食べるので’、昔より健康体になった。(まさに、早寝早起き朝ごはん!!)

 

人生、何が起こるかわからない。

「自分には無理だ!」・・・では済まないことにもなる。

 

ということで、世の中の生活力に乏しい男性諸君への刺激剤として、私の「罪滅ぼし」のことを書いてみた。

教育・・・まあ、これもある種の教育的題材かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »