ためし読み e-POINT

授業がわかる!教材活用ポイント

子どもがわくわくする漢字の授業

「漢字をしっかり身につけさせるには,どうすればいいでしょう?」という若い先生が多いようです。また「授業の中で指導する時間がない」「宿題に出すだけ」との声もよく聞かれます。教材を使ったプラスひと工夫の授業で,子どもたちの漢字学習への取り組みがぐっと変わります。

〔授業者 増田修治(白梅学園大学教授)・千葉県鎌ケ谷市立東部小学校〕

1.導入 漢字の成り立ちでひきつける

ep_kanji1
だれでも知っている「東」を例に出すと,一気に手があがる!

スタートはクイズのように…「蚊」

・「何て読むかわかるかな?」

・答える声が上がったら,すかさず「よくわかったね!」とほめる。

・虫がブ~ンと飛ぶ様子から,「“虫+文”で“カ”」だねと解説。

知っている字の組み合わせ…「東」

・「“東”は,何という漢字を組み合わせてできているかな」…「日と木」

・「“日と木”でできている字が他にもあるよ」…「杲たかい」「 杳くらい」を紹介。

【2つの字の組み合わせから,意味を考える】

最近習った漢字は…「訓」

・「最近習った漢字で,“川”を使った字は?」と新出漢字に結びつける。

2.書く 字形を意識してみんなで空書き

ep_kanji2
動きをそろえて、みんなで空書き

目的をはっきりと

「今日は,“協” “卒” “省”を勉強するよ」

板書した漢字をみんなで「空書き」

とめ ,はね などの字形のポイントを伝え,リズミカルに書く。(2回繰り返し)

文字の「おぼえ方」を提示する

例…「“協” は “木へん ” ではなく “十じゅう” だよ。力を合わせるから “十たす” とおぼえよう」

漢字ドリルに書かせる

字形や画数などのポイントに気をつけ,ゆっくりていねいに書かせるようにする。

3.読む 漢字をみんなで声に出して読む

ep_kanji3
ぐっと顔を近づけて、大きな声で!

全員で声を出して読む(1ページ10問)

先生のあとに, 子どもたちが読む。「みんなうまいねぇ」と声をかけながら進める。

漢字の例文をペアで読む

読みのページを読む役と,書きのページで確認する役に分かれる。3回読んだら交代。

時間を区切って挑戦!

「30秒で3回読もう!」「えぇ⁉ 」「じゃあ2回でいいよ」

※ いったん高めに設定した目標を下げると,はじめの目標に近づこうと努力する。

結果を確認

「何回読めたかな?」と聞かれて,子どもたちがわれ先に報告。役割を交代して再度挑戦!

4.自学・自習 宿題や朝自習で進めていけるように

ep_kanji4

1行ずつノートに書く

空書きで指導したポイントに注意して,今日習った字を1行ずつノートに練習してくる。

音読する

教室でのペア学習のように,家の人に聞いてもらい,すらすら読めるようにしてくる。

読める=漢字をおぼえる第一歩

翌日の朝自習で復習

子どもだけでペア学習を進められるように,授業で指導をしておきたい。

週一回の小テストで定着

進度に応じて,ドリルやプリントの紙面を使ってもよい。

◆ Point 組み合わせてできている漢字

ep_kanji_column1

子どもたちは,漢字がどのようにできているかを十分に理解していません。面白い漢字やだれでもわかる漢字を取り上げ,「字は組み合わせてできている」ことを意識づけます。最近習ったばかりの漢字を取り上げると,よりいっそう定着しやすくなります。

また,子どもが自分で「組み合わせてできている漢字」を見つけるようにすると,漢字への興味がわき,理解がさらに深まっていきます。

★ A子先生の見学ノート

ep_kanji_column2

先生は,声のトーンや子どもへの目の向け方,立つ位置や動作などにも気を配っていました。子どもを授業にひきつけるには,オーバー気味なアクションなど,「演じる」ことも必要なのだと気づきました。

ふだんなんとなく行っている動作にもう少し気を配ることで,子どもの反応がこんなに変化するものなのか!と感じました。

関連教材

小学校 国語 くりかえし 漢字ドリル

 

 

 

 

教材:くりかえし漢字ドリル