メニュー表示

『漢字歌』について

(1)『漢字歌』は、複数の読み方を一度に覚えられます。

新出漢字を学習するときに、その漢字の小学校で習う読み方(音訓)を全部学習する方法を日本標準では「音訓同時学習」と呼ぶことにしています。

以前は新出漢字と読みかえ漢字で別々に音訓を学習する方式でしたが、現在は音訓を同時に学習する方式に変更する教科書が増えています。

では、「音訓同時学習」には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

新出漢字と読みかえ漢字とに分けて音訓を学習するよりも、同時に学習するほうが、次の点で優れています。

 ・漢字の音と訓の両方から漢字の意味や使い方が理解できる。
 ・読みかえの方法だと提出されないで残ってしまっていた音訓も、落ちなく学習できる。
 ・教科書の教材に出た特殊な用例だけではなく、読みに合う豊富な用例が分かる。

一方で、「音訓同時学習」では新出時に多くの読み方を学習するため、児童の負担が増すのではないか、という心配もあるでしょう。
また、教科書では単元に出てくるもの以外の読み方は、巻末などに提出されていることも多く、なかなか「同時に」学習しにくい、というのが現状と思われます。

そのために開発したのが『漢字歌』です。
音訓を新出時に同時に学習することで、意味や使い方の理解が深まる、しかも面白く楽しい方法で。
それにぴったりの方法が『漢字歌』なのです。


(2)『漢字歌』は、楽しい用例文です。

漢字学習のポイントは、多くの用例を知ることです。
漢字歌は、まさに用例文であり、それが楽しい意味を持った一文の中に納まっているわけですから、従来の単語あるいは句の用例に比べ、漢字の意味や使い方が楽しく無理なく覚えられるものになっています。