教育評価

◆評価一般

評価一般  |  質の高い学力を保障するために  |  ポートフォリオ



教育評価研究の回顧と展望
定価 : 本体 1,400 円+ 税
●著者:田中耕治 
●2017年7月30日発行・A5判・104ページ
●ISBN978-4-8208-0623-3

著者の、京都大学での最終講義を収録。「到達度評価」との出会いから、「真正の評価」論に至るまでの研究のあゆみを、1970年代以降の教育評価研究の発展と重ねながら明らかにしている。併せて現在では入手困難な筆者にとってエポックメイキング的な論文を収録。日本における「教育評価」研究の発展を理解するうえで、必読の1冊。


全教科・領域が1冊でわかる!新小学校学習指導要領改訂のポイント
定価 : 本体 2,200 円+ 税
●編著者:水原克敏
●2017年6月5日発行・B5判・240ページ
●ISBN978-4-8208-0620-2

全教科・領域の改訂ポイントを1冊にまとめました!!
◆改訂の考え方・ポイントがわかる◆
◆改訂でめざす新しい授業がわかる◆
◆「小学校学習指導要領」全文掲載◆

近代中国における国語教育改革―激動の時代に形成された資質・能力とは―
定価 : 本体 4,000 円+ 税
●著者:鄭 谷心
●2017年3月30日発行・A5判・195ページ
●ISBN978-4-8208-0619-6


今次学習指導要領改訂では、グローバル化社会において必要とされる資質・能力の育成がめざされている。これら資質・能力はどのような内容をもち、どのように育成されうるのか。 本書では近代中国における国語教育改革を取り上げ、その源流をさぐる。
胡適、葉聖陶、らによる論争を通じて検討される国語の学力・教材・カリキュラムは、現代の日本の教育改革にも大きな示唆を与えている。

グローバル化時代の教育評価改革 ―日本・アジア・欧米を結ぶ―
定価 : 本体 4,000 円+ 税
●編著者:田中耕治
●2016年2月25日発行・A5判・298ページ
●ISBN978-4-8208-0595-3


国際的なコンピテンシー(資質・能力)・ベースのカリキュラム改革の課題を、教育評価研究の視点から明らかにする1冊。田中耕治、西岡加名恵、石井英真をはじめとする23人の教育評価研究の研究者たちによる執筆!

教室における読みのカリキュラム設計
定価 : 本体 2,500 円+ 税
●著者:八田幸恵
●2015年3月25日発行・A5判・148ページ
●ISBN978-4-8208-0587-8


「PISA型読解力」の育成をめざす動きが推進されるなか、授業研究を通して、高いレベルの読む力を保証するカリキュラム設計のあり方を問う。高いレベルの読解力とは何か、どうしたら身につけさせることができるのか、著者のこれまでの研究の歩みをまとめた1冊。

理解をもたらすカリキュラム設計 ― 「逆向き設計」の理論と方法
定価 : 本体 6,000 +
●著者:G. ウィギンズ/J. マクタイ、訳者:西岡加名恵
●2012年4月30日発行・B5判・456ページ
●ISBN978-4-8208-0557-1


本書では、いわゆる思考力・判断力・表現力といった高次の学力を子どもたちに身につけさせるため、カリキュラムを評価から「逆向き」に設計することを提唱しています。特に、パフォーマンス課題を重視し、「真正の評価」を実践するためのカリキュラム設計を具体的に提案しています。
また、実践を行う際に教師が必ずぶつかる、「テストに向けて教えなくてはならない」「教科書を網羅しなくてはならない」「実践の時間がない」といったさまざまな壁に対しても、「逆向き設計」を実践することで乗り越えられることを丁寧に説いています。

新版 小学校 新指導要録 記入文例 1000
定価 : 本体 1,500 +
●編著:藤岡 秀樹
●2012年2月20日発行・A5判・176ページ
●ISBN978-4-8208-0554-0

本書は新指導要録に対応した記入文例集です。法的な文書である指導要録について,書き方と豊富な文例で構成しました。あわせて,新指導要録の各項目の内容についても,Q&Aでわかりやすく解説しています。

新 保護者の信頼を得る 通知表所見の書き方&文例集 低学年
定価 : 本体 1,800 +
●編著:田中耕治
●2011年6月30日発行・A5判・160ページ
●ISBN978-4-8208-0543-4

進化した所見の書き方・文例集
・文の構造や用字用語、適切な表現など、すぐに役立つ「所見の書き方」がわかる
・「目標に準拠した評価に基づく個人内評価」の文例
・ 一人ひとりの子どもに対応した豊富な文例

新 保護者の信頼を得る 通知表所見の書き方&文例集 中学年
定価 : 本体 2,000 +
●編著:田中耕治
●2011年6月30日発行・A5判・196ページ
●ISBN978-4-8208-0544-1

・文の構造や用字用語、適切な表現など、すぐに役立つ「所見の書き方」がわかる
・「目標に準拠した評価に基づく個人内評価」の文例
・ 一人ひとりの子どもに対応した豊富な文例

新 保護者の信頼を得る 通知表所見の書き方&文例集 高学年
定価 : 本体 2,000 +
●編著:田中耕治
●2011年6月30日発行・A5判・228ページ
●ISBN978-4-8208-0545-8

・文の構造や用字用語、適切な表現など、すぐに役立つ「所見の書き方」がわかる
・「目標に準拠した評価に基づく個人内評価」の文例
・ 一人ひとりの子どもに対応した豊富な文例

「評価の時代」を読み解く 教育目標・評価研究の課題と展望 上巻
定価 : 本体 2,200 +
教育目標・評価学会 編
●2010年12月20日発行・A5判・190ページ
●ISBN978-4-8208-0522-9

教育目標と教育評価を研究対象とする専門の学会が1990年に誕生して、20年を迎えた。この20年の蓄積を「教育方法学」「社会・政策」「歴史」「心理学」そして「各教科・領域」から分析し、その成果を明らかにしつつ、今後に向けての課題を掘り起こしている。


「評価の時代」を読み解く 教育目標・評価研究の課題と展望 下巻
定価 : 本体 2,200 +
教育目標・評価学会 編
●2010年12月20日発行・A5判・178ページ
●ISBN978-4-8208-0523-6

教育目標と教育評価を研究対象とする専門の学会が1990年に誕生して、20年を迎えた。この20年の蓄積を「教育方法学」「社会・政策」「歴史」「心理学」そして「各教科・領域」から分析し、その成果を明らかにしつつ、今後に向けての課題を掘り起こしている。


小学校新指導要録 改訂のポイント
定価 : 本体 2,200 +
編著:田中耕治(京都大学大学院教授)
●2010年11月25日発行・B5判・224ページ
●ISBN978-4-8208-0521-2

小学校新指導要録改訂のポイントと評価のあり方を、小学校現場の教師に向けてわかりやすく解説。編者の田中耕治先生は前回の中央教育審議会教育課程部会学習評価ワーキンググループの委員、執筆者の一人である西岡加名恵先生は今回の委員を務める。改訂の現場でどのような議論がたたかわされたのか、ホットな話題とともに、新しい指導と評価のあり方を解説する。

新しい学力テストを読み解く
 PISA/TIMSS/全国学力・学習状況調査/教育課程実施状況調査の分析とその課題
定価 : 本体 2,800 +
編著:田中耕治(京都大学大学院教授)
●2008年6月15日発行・A5判・286ページ
●ISBN978-4-8208-0371-3

本書は、PISA、TIMSS、全国学力テスト(全国学力・学習状況調査)等のテスト問題の詳細な分析をとおして、子どもたちに質の高い学力を身につけさせるための教育実践の改革・改善の方向を明らかにするものである。

生活科・総合的な学習の時間 評価ハンドブック
定価 : 本体 1,800 +
●相澤秀夫(宮城教育大学教授) 編、杜の都 生活科・総合的な学習研究会 著
●2006年12月15日発行・B5判・152ページ
●ISBN978-4-8208-0279-2

地域の教材を使って開発した生活科・総合の活動とすべての学校に共通する評価規準と所見文例を満載。

学力と評価の“今”を読みとく -学力保障のための評価論入門-
定価 : 本体 1,500 +
●編著:田中耕治(京都大学大学院教授)
●2004年7月25日発行予定・四六判・184ページ
●ISBN978-4-8208-0185-6

「学力問題」をどうとらえるべきか、また、子どもの学力を保障する評価のあり方について、展望と指針を示す。

「新しい教育評価の理論と方法」 〔I〕理論編
定価 : 本体 2,800 +
●編著:田中耕治(京都大学大学院教授)
●2002年10月発行・A5判・上製本・288ページ
●ISBN978-4-8208-0044-6

「相対評価」から「目標に準拠した評価(絶対評価)」へと変わり、学校や教師はどのような対応をする必要があるのか。各論の第一人者が、21世紀を展望する教育評価論を提起する。

「新しい教育評価の理論と方法」 〔II〕教科・総合学習編
定価 : 本体 2,800 +
●編著:田中耕治(京都大学大学院教授)
●2002年10月発行・A5判・上製本・272ページ
●ISBN978-4-8208-0045-3

「相対評価」から「目標に準拠した評価(絶対評価)」へと変わり、学校や教師はどのような対応をする必要があるのか。各論の第一人者が、21世紀を展望する教育評価論を提起する。


◆質の高い学力を保障するために

評価一般  |  質の高い学力を保障するために  |  ポートフォリオ


授業と評価をデザインする 社会
定価 : 本体 2,500 +
鋒山泰弘(追手門学院大学教授)
赤沢早人(奈良教育大学准教授) 著
2010年6月10日発行・B5判・並製・200ページ
ISBN978-4-8208-0458-1

新学習指導要領の実施など学校教育が大きくゆれるこの時期に、改めて確かな学力を保障し、学力向上を図るために必要な授業づくり、評価のあり方を提案する。理論書の枠を超えて、実践事例をストーリー仕立てで紹介。授業づくりに奮闘する教師たちへ贈る1冊。

授業と評価をデザインする 理科
定価 : 本体 2,500 +
堀哲夫(山梨大学大学院教育学研究科(教職大学院)教授)
西岡加名恵
(京都大学大学院教育学研究科准教授)  
2010年4月15日発行・B5判・並製・240ページ
ISBN978-4-8208-0459-8

新学習指導要領の実施など学校教育が大きくゆれるこの時期に、改めて確かな学力を保障し、学力向上を図るために必要な授業づくり、評価のあり方を提案する。理論書の枠を超えて、実践事例をストーリー仕立てで紹介。授業づくりに奮闘する教師たちへ贈る1冊。


◆ポートフォリオ

評価一般  |  質の高い学力を保障するために  |  ポートフォリオ


一枚ポートフォリオ評価 小学校編
定価 : 本体 2,000 +
●編著:堀 哲夫(山梨大学教授)、山梨大学教育人間科学部附属小学校
●2006年11月20日発行・B5判・並製・172ページ
●ISBN978-4-8208-0277-8

一枚ポートフォリオシリーズの第4弾!
家庭科をのぞく小学校全教科及び道徳における「一枚ポートフォリオ」の実践を示しながら、そこでの子どもの成長していく姿を伝える。

一枚ポートフォリオ評価 中学校編
定価 : 本体 2,000 +
●編著:堀 哲夫、進藤聡彦、山梨県上野原市立巌中学校
●2006年2月1日発行・B5判・176ページ
●ISBN978-4-8208-0260-0

教師は生徒の学習状況を常に評価し、指導に生かすことができるようになるなど、多くの成果を得た実践のやり方を詳しく解説した画期的な本。全教科にわたって、実際の授業の進め方と生徒への働きかけ、評価の仕方を詳しく紹介。

一枚ポートフォリオ評価 理科 子どもと先生がつくる「学びのあしあと」
定価 : 本体 2,200 +
●編著:堀 哲夫(山梨大学教授)
●2004年4月発行・B5判・208ページ
●ISBN978-4-8208-0181-8

学習の過程を一枚のポートフォリオに書いていくことによって、子どもが自らの学びを振り返り、成長した自分を発見できる。そのやり方と有効性を実践をもとに詳細に解説。
総合と教科の確かな学力を育む ポートフォリオ評価法 実践編
「対話」を通して思考力を鍛える!
定価 : 本体 2,200 +
●世羅 博昭、宮本 浩子、西岡 加名恵 著
●2004年6月発行・B5判,208ページ
●ISBN978-4-8208-0182-5

子どものやる気を引き出し、自分の可能性に気づかせるコミュニケーションの方法とは?ポートフォリオを使った対話を通じて、確かな学力を身につけていくことができる実践がここにある。

総合学習とポートフォリオ評価法 入門編
定価 : 本体 2,000 +
●田中 耕治、西岡 加名恵 著
●1999年12月発行・B5判,128ページ
●ISBN978-4-8208-0052-1

子どもが学びの主人公になることを目指す「総合学習」と子どもの自己評価を促す「ポートフォリオ評価法」実践のためのヒントが満載。写真・図版を多数掲載しわかりやすく解説。