授業づくりに奮闘する教師たちへ

授業と評価をデザインする 理科

堀哲夫(山梨大学大学院教育学研究科(教職大学院)教授)
西岡加名恵(京都大学大学院教育学研究科准教授) 著
定価 : 本体 2,500 円 + 税
B5判、240ページ
ISBN978-4-8208-0459-8
2010年4月15日発行



これからの理科の授業づくりにおいて役立つキーワードに基づき実践事例を紹介しています。
パフォーマンス課題とルーブリック
問題解決活動
一枚ポートフォリオ評価法(OPPA)
学ぶ必然性
生徒が理解できる授業



toku.gif
新学習指導要領の実施など学校教育が大きくゆれるこの時期に、改めて確かな学力を保障し、学力向上を図るために必要な授業づくり、評価のあり方を提案する。
現在までに蓄積されている知見を総括するとともに、理科の本質について整理した。
理論書の枠を超えて、実践事例をストーリー仕立てで紹介。
home back
アンダーライン
(C)2010-2014 Nippon-Hyojun