授業づくりに奮闘する教師たちへ

授業と評価をデザインする 社会

鋒山泰弘(追手門学院大学教授)
赤沢早人(奈良教育大学准教授) 著
定価 : 本体 2,500 円 + 税
B5判、200ページ
ISBN978-4-8208-0458-1
2010年6月10日発行



これからの社会の授業づくりにおいて役立つキーワードに基づき実践事例を紹介しています。
地図と学力
「教えたいこと」と「学びたいこと」
地域を調べる学力の形成と評価
歴史的知識の活用



toku.gif
新学習指導要領の実施など学校教育が大きく変わろうとしている今、改めて確かな学力を保障し、学力向上を図るために必要な授業づくり、評価のあり方を提案します。
社会科の目標づくり、授業づくり、評価課題づくりのあり方を、一体のものとしてとらえる重要性がよくわかります。
実践事例をストーリー仕立てで紹介するなど、小・中学校の若い先生にも手にとってもらえる内容です
home back
アンダーライン
(C)2010-2014 Nippon-Hyojun