道徳授業づくり上達10の技法


 
●鈴木健二(日向教育サークル)著
●定価:1,680円(本体 1,600円+税)
A5判・136ページ
●ISBN978-4-8208-0366-9



toku.gif
 小学校教師のためのセミナーを開催するベテラン教師が、子どもたちを惹きつけて放さない道徳授業のつくり方を提示する。「テーマを意識化するフォルダをつくれ」「資料を抽出し、精選せよ」「出会わせたい場面から逆算して、授業を構成せよ」「全瞬間において思考させる授業を構想せよ」など、<上達・10の技法>としてまとめられている。

授業づくり ここがポイント10
上達の技法1 技法を着実に身につけていくことが上達につながる。
上達の技法2 情熱を継続することが上達するための最も重要な技法である。
上達の技法3 インプットの量を圧倒的に増やすことが基本である。
上達の技法4 メディアを活用する。
上達の技法5 活用するためにこそ、情報を整理せよ。
上達の技法6 テーマを意識化するフォルダをつくれ。
上達の技法7 資料を抽出し、精選せよ。
上達の技法8 素材を教材化して、大きな効果を引き出せ。
上達の技法9 出会わせたい場面から逆算して授業を構成せよ。
上達の技法10 全瞬間において思考させる授業を構成せよ。
第1章 道徳授業づくり上達の技法
第2章 情報収集の技法
第3章 教材化の技法
第4章 授業構成の技法
第5章 授業づくりドキュメント

home back
アンダーライン
(C)2008 Nippon-Hyojun