…ワンランク上の指導力をつけたい教師たちへ…

季刊26号 2016夏
POWER OF TEACHERS


No.026
【特 集】

子どもの思考を促す
発問・着眼点

【巻 頭】 人物インタビュー 池谷裕二東京大学教授・脳研究者
「考える」ってどんなこと?
リレー連載
開始!!
子どものシグナルをとらえる
編集委員

金大竜,杉渕鐵良,鈴木健二,土作彰,深澤久,
増田修治

●ISBN978-4-8208-0603-5
「教師のチカラ」は完全リニューアル!
◎《授業》をテーマに特集を企画するワンテーマ・マガジンに変身しました!!
これまでの教育活動では不十分であり、かつ重要な教育活動を発見・発掘しながら、新たな教育方法を問題提起的に発信していきます!
◎「質の高い授業」を提案する編集委員の新連載を開始します!
◎現代の子ども論ともいえるリレー連載「子どものシグナルをとらえる」も開始します!!
◎最新号発行と同時に教育フォーラムを順次開催する予定です。告知にご注目ください!
動画を配信!  WEB「教師のチカラ」
WEB「教師のチカラ」は読者のみなさまと編集委員の先生方をつなぐインターネットサイトです。本誌読者だけの特典、教育セミナー等の動画のほか、新刊の情報などを配信しています。
Facebook 「教師のチカラ」
教師のチカラさんと友だちになってください!
取材風景、編集会議や懇親会の様子なども紹介。

巻頭
カラー
人物インタビュー《第2回》 池谷裕二東京大学教授・脳研究者
「考える」ってどんなこと?
 告知! 次号予告と教育フォーラム開催
【特集】 子どもの思考を促す 発問・着眼点
I 発問づくりの着眼点 思考のスイッチを入れる発問づくり鈴木健二
「大きな三つの問い」―物語の変容を読み取る二瓶弘行
5つの着眼点から発問をつくる佐藤正寿
II 各教科での着眼点と発問づくり
国語 「不備、不足、不十分」を予測する 野口芳宏
深い読みになる発問構成の原理 内山田博文
メッセージを読む 関ルミ子
算数 主体的に考えさせる発問 中田寿幸
難関! 小数のわり算克服 深澤英雄
「割合問題」の着眼点は「まず割合!」 福山憲市
社会 素材研究から発問づくりへ 丸岡慎弥
読み取った事実と考えたこと 佐藤正志
常に「公民的資質」を意識する 倉爪浩二
理科 明確な結果が出る実験があってこそ 宮内主斗
発問づくりはボトムアップ型で 田中光夫
単元を貫くストーリー(単元構想) 佐々恵
III 子どもの発言の生かし方・ふくらませ方 問いをもち続ける子どもへ 金大竜
緊張感をもたせる切り返し 長谷部桂一
「ただしさ」より「たのしさ」を 本田大輔
発言を深め、広げる6つの対話術 山田洋一
IV

発問を生かすアイテム


物語文を1枚にまとめる 俵原正仁
イメージから新しい視点を 五十嵐友一
ふり返りで使える言葉 新納昭洋
発問に対して全員が考える学級 友田真
「子どもを見る目」と「フォロー」 中村健一
思考を促したか、子どもを見る 楠本輝之
答え方を「可視化」せよ 神藤晃
野球で例える
V 体験記 私を変えたひとつの発問 子どもの心を突き動かす発問 中雄紀之
授業の素材は身近にある 加藤百合絵
同じ言葉でも、ちがう反応に 奥谷勇磨
子どものつぶやきを待つ神保岳司


教育改革ヘッドライン「コンピテンシー」とは何か 石井英真
子どものシグナルをとらえる指導の困難さを「感覚統合」の視点から見てみよう 増田修治
子どもを育てる質の高い授業とは
 <授業論>
「基礎学力」を育てる その2 子どもたちの「事実」から構想する 深澤久
 教科書をおもしろがる 鈴木健二
 神は細部に宿る土作彰
 イメージ力を育てる発問の開発を 杉渕鐵良
サークル全力投球 サークルで学び・鍛え合う
 つながり、分かち合い、磨き合う 大阪ふくえくぼ
 「おひさま」のように、ほっと安心して学びを続けていける場でありたい おひさま
 変わらず学び続けられる仲間と環境 スマイルドリーム
 みんなの学びの場であり語り合える場でつながる ほしのむらのがっこう
執筆者紹介
編集後記・奥付 編集委員=金大竜+杉渕鐵良+鈴木健二+土作彰+深澤久+増田修治

    

《お問合せ》
日本標準:企画編集部 書籍営業課
TEL 03-3334-2620   FAX 03-3334-2623
home
アンダーライン
(C)2016 Nippon-Hyojun