日本標準ブックレット No.3  
−大学評価学会 第1回「田中昌人記念賞」受賞(2010年3月)−
格差問題と「教育の機会均等」
―教育基本法「改正」をめぐり“隠された”争点―
 
●渡部昭男(鳥取大学教授)
●定価 630円(本体600円+税)
A5判、72ページ
ISBN978-4-8208-0274-7



◆大学評価学会・第1回「田中昌人記念賞」を受賞
2010年3月13日に行われた第7回全国大会での授賞式で、渡部昭男先生は、「これからもさらに研究を進めていきたい」と、受賞の喜びを力強く語られました。
→当社発行の渡部先生の著書
『市民と創る教育改革』(編著、2006年)
『障がい青年の自分づくり』(2009年)

◆朝日新聞「私の視点」(2007年7月24日関西版)
筆者の「大学授業料 値下げで乗り切ろう少子社会」が掲載

教育基本法「改正」論議に、「教育格差」を解決するための視点を!
 教育基本法が、9月下旬の臨時国会であらためて審議され、「改正」される見通しが強い。
 しかし、「格差社会」化が進むなかで、「教育格差・進学格差」が広がっていることが国民の最大の関心事であるにもかかわらず、この問題に対応する「教育の機会均等」(第3条)についてはあまり論じられていない。
 本書では、前国会での教育基本法「改正」論議を整理するとともに、日本国憲法・教育基本法60年における「教育の機会均等」の論議と施策の進展をあきらかにする。その上で、「教育格差」を克服するカギとして、日本の高学費問題に対応する高等教育の無償化や、「能力に応ずる(能力原理)教育」から「必要(ニーズ)に応ずる(必要原理)教育」への転換を展望する。

[主な内容]
はじめに― 教育基本法第三条
第1章 教育基本法「改正」をめぐり“隠された”争点  ―「教育の機会均等」を論点に
第2章 衆議院「教育基本法に関する特別委員会」での審議  ―浮上した論点「教育の機会均等」
第3章 「機会の均等開放」から「機会の均等保障」「機会の平等化保障」へ  ―施行60年の歩みから
第4章 争点にしたくなかった「教育の機会均等」  ―政府案の準備過程から
第5章 「教育の機会均等」にかかわる論議を読み解く  ―「格差問題」と教育の「無償制」を中心に
おわりに 「能力に応ずる教育」から「必要に応ずる教育」への展望

home back
アンダーライン
(C)2006 Nippon-Hyojun