子どもの成長が教師に見える
一枚ポートフォリオ評価 小学校編

pho1.jpg

  子どもの成長が教師に見える
一枚ポートフォリオ評価 小学校編
堀 哲夫(山梨大学教授)
山梨大学教育人間科学部附属小学校 編著
定価 : 本体 2,000 円 + 税
B5判・並製・172ページ
ISBN978-4-8208-0277-8



●子どもたちをとりこにする「一枚ポートフォリオ」
 普通に行われている評価は、教師の求めていることに対して子どもがいかに的確にこたえるかということを重視している。しかし、自分の考えが教師の求めているものと違うと子どもが感じることがあっても、その評価が点数とつながるため、本音を隠して教師の望むようにこたえてしまうという問題点をかかえている。
 「一枚ポートフォリオ」の評価では、点数に結びつけないため、本音で自分の内面と向き合うことができる。学習前から学習後までの自分の考えを一枚の紙(ポートフォリオ)に書いていくことにより、自分の考えがどう変わったかを、子ども自身が評価することができる。そして、教師はポートフォリオをみて、一人ひとりの子どもに学習の時々で適切な指導をすることができる。
 本書は、家庭科をのぞく小学校全教科及び道徳における「一枚ポートフォリオ」の実践を示しながら、そこでの子どもの成長していく姿を伝える。たとえば、国語科4年「ごんぎつね」の実践では、子どもは、はじめに持った感想と最後の授業での感想を比べ、「自分の意見をよくするために、みんなに直してもらうことが大切」だと気づいたりする。一枚ポートフォリオ評価シリーズの第3弾!

〔主な内容〕
第1章 理論編
一枚ポートフォリオ評価の効果・進め方、一枚ポートフォリオ評価Q&A ほか
第2章 実践編

国語・社会・算数・理科・生活科・音楽・図画工作・体育・道徳での実践

ワニ home back
アンダーライン
(C)2006-2014 Nippon-Hyojun