2011年 12月号
こうやって使う中学校新教科書
口   絵 足尾銅山の生態系復元をめざす緑化工事と理科授業 
実践記録 4年 天気と気温の変化―空気のあたたまり方を中心に― 
授業奮闘記 状態変化とエネルギーの出入り―1学期の授業を振り返って―

 

口  絵 足尾銅山の生態系復元をめざす緑化工事と理科授業
巻頭エッセイ 自ら問い、考える子をどう育てるか
子どもがつづる自然 小学校3年生「自然たんけん」6 いろいろな自然に働きかけるようになった
[特 集] [特集]こうやって使う中学校新教科書
主張
 使うときのために教科書の比較検討を!
中学校の新教科書をどう使ったらよいか 杉山 栄一
静力学を中心に新教科書を見直す 鈴木 久
物質の粒子性をどう教えるか 青木 夏子
新しい中学理科教科書生物分野の検討―タンパク質の学習はいつどこでやるのか― 小川 郁
中学校教科書の検討 地学分野 森垣 良平
授業にいかす [実践記録/小学校中学年] 物の体積(4年)
[実践記録/小学校中学年] 4年 天気と気温の変化―空気のあたたまり方を中心に―
[実験観察/中学校] こんな実験できるのか アルミホイルで行うだ液の実験 
◆授業奮闘記◆ 状態変化とエネルギーの出入り―1学期の授業を振り返って―
理科教師日記 東電(福島)原発事故の教訓〈その2〉 世界がはまった大きな落とし穴…原発・再処理
シリーズ 大震災と原子力問題》 [第6回] 原子力発電所の本質的な危険性紙芝居「ちいさなせかいのおはなし」を制作して―
■視 点■ 足尾銅山の生態系復元をめざす緑化工事と理科授業
4次元デジタル地球儀「ダジック・アース」を使った授業
●読者のひろば
●理科サークル東西南北
●障害児と自然科学教育 自然・物に働きかける楽しさを(4回連載)― その4 予想して、確かめることは、次の学習のエネルギー ―
●低学年の理科工作 [小学校低学年] 片栗粉を糊に変身させよう!―葛湯でホッカホカ―
●今月の科学クラブ [小学校高学年] 簡単に作れる“威力のある空気砲”
【連 載】 先生!教えてください[第47回] 津波はどのように発生するのですか?
●行ってみよう 科学探険 岩国市立ミクロ生物館―微小生物が持つ魅力を社会に還元する世界初の科学館―
●情報BOX
BOOK・REVIEW[読書室]
【連 載】 時代を切り拓いた科学者(第57回) 朝永 振一郎 よき友・湯川とともに
子どもに読ませたい科学の本
    

《お問合せ》
日本標準出版事業部 担当:大澤
TEL 03-3334-2620   FAX 03-3334-2623
home
アンダーライン
(C)2011 Nippon-Hyojun