10月号
2014年
October
No.718[Vol.57 No10]
B5判、96ページ


 火山に行こう
◇今月の授業

小3
日光のせいしつ―はね返そう、集めよう―
小4 物の温度による体積変化を
中1
◇実践記録

小1


じしゃくでたんけん(てつさがし)
小3 3年生の自然観察―自然を豊かにとらえられる子どもに―
小4 物の体積と空気
中1 聴こえるという視点での 「音」の授業
中3 放射線を学ぶ
星形成を続ける 渦巻銀河

巻頭口絵 渡良瀬遊水地の植物―四季折々の植物とその観察事例―
巻頭エッセイ 原発は 管理されてる 言うけれど 東電は 日替わりメニューで 事故起こし

小3
日光のせいしつ―はね返そう、集めよう―
小4 物の温度による体積変化を
中1
ガイドマップ 3年「日光のせいしつ」では、子どもたちのこれまでの生活経験を生かしながら日光について学びます。活動を多く取り入れて、体験させながら日光がまっすぐ進むことを学習していきます。
4年「物の温度による体積変化を」での触れている物の温度は同じになることを扱う学習は、物の温度による体積変化を理解する上で大切な学習です。空気・水・金属と、膨張率が大きい順に取り上げ、温度による体積変化の概念を つくっていきます。
中学校1年「音」では、生徒が納得できる理解を多くの実験によって目ざします。震えている物すべてが音源だ、と誤解する子へも対応しているプランです。

小1
じしゃくでたんけん(てつさがし)
小3 3年生の自然観察―自然を豊かにとらえられる子どもに―
小4 物の体積と空気
中1 聴こえるという視点での 「音」の授業
中3 放射線を学ぶ

火山に行こう
 
[主張] 火山を子どもたちに伝えよう 村上 聡
[1 高校] 三宅島で火山を学ぼう―三宅島での経験とジオの魅力― 青谷 知己
[2 高校] 火山で何がどう学べるか―富士山も例として― 長谷川 静夫
[3 高校] ジオパークを活用して、先生も火山・地球惑星科学(地学)を楽しく学ぼう!
―地球惑星科学教育で大切にしたいこと― 小尾 靖
[4 中学校] 何のために火山を教えるの? 野田 啓司

先生!教えてください [第81回] フィギュアスケートで手を縮めると回転が速くなるのはどうしてですか?
基本の“き” [第18回] 小学校II 授業づくり編・4 単元構成を考えるヒント―授業で大切な視点―
授業奮闘記 理科 はじめました!
理科教師日記 科教協全国研究大会 東京大会「ミニ見学会」 国立天文台の見学
口絵解説 渡良瀬遊水地の植物―四季折々の植物とその観察事例―
授業に生かす 実験工作 〈中学校〜高校〉簡単な、位置エネルギー測定実験装置
視  点 水害について考えてみる
障害児と自然科学教育 小学校 肢体不自由特別支援学級の実践報告(2回連載・2)  自然科学を見つめる目2
行ってみよう 科学探険 中津川市鉱物博物館―全国でも数少ない鉱物の博物館―

読者のひろば
理科サークル東西南北
科教協だより
読書室(書評/子どもに読ませたい科学の本)
情報BOX
次号予告・編集後記

《お問合せ》
日本標準営業企画部 書籍営業課 
TEL 042-984-1425   FAX 042-984-1438
home
アンダーライン
(C)2014 Nippon-Hyojun