理解をもたらすカリキュラム設計
― 「逆向き設計」の理論と方法

UNDERSTANDING by DESIGN


著者:G. ウィギンズ/J. マクタイ
訳者:西岡加名恵
  
B5判、並製、456ページ
定価 : 本体 6,000 円 + 税
発行:2012年4月30日
ISBN978-4-8208-0557-1



toku.gif
 本書は、いま世界中の教育界で注目されている「逆向き設計」の理論的な基礎となる「Understanding by Design」の翻訳書です。原著者のG. ウィギンズとJ. マクタイは、「真正の評価論」の第一人者として知られており、原書は英語圏はもとより、中国、韓国でも翻訳出版され、全世界で50万部を超えるベストセラーとなっています。
 本書では、いわゆる思考力・判断力・表現力といった高次の学力を子どもたちに身につけさせるため、カリキュラムを評価から「逆向き」に設計することを提唱しています。特に、パフォーマンス課題を重視し、「真正の評価」を実践するためのカリキュラム設計を具体的に提案しています。
また、実践を行う際に教師が必ずぶつかる、「テストに向けて教えなくてはならない」「教科書を網羅しなくてはならない」「実践の時間がない」といったさまざまな壁に対しても、「逆向き設計」を実践することで乗り越えられることを丁寧に説いています。 
 本書は「逆向き」設計の理論書であるとともに、そのカリキュラムを構想する際に参考になる各種のテンプレートが豊富に掲載されているなど、「使える」実践書ともなっています。
 評価の改善が授業の改善につながるとともに、子どもたちに知識や技能を活用する力を身につけさせることができ、さらには子どもたちの学習意欲も高まっていく ― 本書はその実践のための提案です。
home back
アンダーライン
(C)2012-2014 Nippon-Hyojun