メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

「つながり」は、ありますか?

6月28日の日曜日。今日も雨。

九州の雨が心配だ。この時期、九州に大雨被害が出ることが多い。

 

故郷の佐賀には10歳上の姉が、子どもや孫に囲まれて住んでいる。

体のあちこちが痛いとは言いながら、まだまだ現役だ。今もカラオケ教室の先生をしているらしい。長く佐賀市で青少年育成の仕事をしていた。

先日、休校中の孫たちの宿題を見ていて大変と言っていた。

私が文学や教育に関心を持つようになったのは、この姉の影響が大きい。

姉は「つながり」がすごかった。そして今も。

いつも忙しそうだった。相談を受けていた。会合に出かけていた。みんなの前で話していた。(あれは好きでないとできない)

 

現代は、「つながり」が薄くなっていないだろうか?

このウイルス禍で、その深刻さが増している。

子どもは外に出ない、親は在宅勤務、施設の高齢者は家族と面会もできない等、「つながり」が持ちにくかったから。

 

ヒトは、一人ではヒトになれない。

社会の中の自分として生きて、ヒトになるから。

ウン、やっぱり「つながり」を求めて踏み出そう!

感染対策を充分にとりながら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »