メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

「ウイルス後」は、いつ来るのか

7月12日の日曜日。今朝はやっと薄曇りの天気だ。

ずっと九州の水害の心配をしている。

被害は、全国に広がっている。ウイルスに水害・・・。

 

みんなが心配していることを、またここで書いてもとは思うが、なかなか明るいこと、楽しいことが書きにくい。

東京は、連日200人超のウイルス感染者。

その周囲の県も増えてるし、沖縄の米軍基地関連でも。

こんな状態でも経済活動の規制緩和を進めるという。

大丈夫か?

今朝の報道では、各地の財政危機の問題が出されている。

これだ、理由は。

東京をはじめ、各地の自治体の貯金がどんどん減っている。

経済活動を土台に運営される社会では、経済が死ぬと社会が死ぬ。

今、世界中でこの「ウイルスか経済か」が迫られている。

そういえば、オリンピックの話題が完全に下火になった?

 

ウイルス後の社会や教育のありかた、または会社の進め方などを考える毎日だが、「ウイルス後」がまったく見えない。

前にも言っていると思うが、現代人は「想定外」に弱い。

何事も起こらない日常がずっと続くと思っている。

そして「想定外」が起こると、・・・耐える。耐える。

 

75年前、日本は大きな危機に直面した。

そしてここまできた。

今、75年前に劣らぬ危機感と覚悟が、私たち一人ひとりに必要なのかもしれない。

未来、・・・私はそのことを教育の仕事を通して考えていきたい。

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »