メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

「優しさ」には勇気を

3月21日の日曜日。小雨が降り続いている。

昨日孫たちとお墓参りに行ったら、お彼岸で大勢の人が。

それぞれのお墓に、それぞれ心のこもったお花が供えられていた。

 

昨日も東北地方で震度5の地震が発生した。

10年前の大震災以来、その余震が続いているのだろう。

そしてコロナウイルス。この1年で終息などせず、世界で不安は広がるままだ。

「不安」・・・静かに深く人々の心を締め付ける。

 

そんな折、香港やミャンマーの人々の行動をニュースで見ると、心から尊敬し、感動する。

人間としての誇り、民主主義を守るためにどんな危険も恐れずに行動する姿に。

同時に、人々を暴力で抑え圧殺する大きな力に怒りと悲しみを。

 

この1年、ウイルスと戦いながら、人々の強さと優しさを受け止めてきた。語ったりもした。

でも、今の日本はこれでいいのだろうか?

一つは、基準のわからない緊急事態宣言の解除。

誰が何をするのか、ほぼわからなくなった。

もう一つ、測り知れない危険を含んだままのオリンピック・パラリンピック開催の準備。

さらにおまけ、国会の予算委員会で「記憶がないと言え」と部下に命じた総務相。

本人は「なぜか無意識っていうか、口に出た」とおっしゃっているようだ。

 

私たちの心の中にはさまざまな不安が広がっている。

どうする?

「耐える」ではなく、「勇気」ではなかろうか。

発言する勇気、行動する勇気。

それがほんとうの「優しさ」なのかもしれないと、戦後と共に、教育をテーマに生きてきた私の、現在の心境である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »