メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

「自助」の意味が、わかった

9月5日の日曜日。昨日から小雨が降り続いて肌寒い。

イヤイヤ、驚いた。 そして少し呆れた。

突然の、首相の辞意表明・・・。

残り任期をウイルス対策に尽力すると言われるが、無理だろう。

周囲がもう聞かないし、本人もあまり発言はされないだろう。

自民党内でもマスコミでも、次期総裁の関心が優先されている。

 

各地で起こった水害の傷も癒えぬなか、そして強引に始めたオリ・パラの最終日の今日なのに・・・。

ウイルス感染の重症者が増え、自宅療養者が亡くなり、今後感染者数が減っていくという根拠も、実は希望的観測であって確証はないのに。

全国の飲食店は、もう経営的に限界が来て、半数以上は酒類を提供しているそうな。(私は当然だと思う。)

 

明日からの全国の学校は、どんな対策を取っているのだろう。

仕事のなかで入ってくる情報は、昨年と似ている。

自宅学習教材が欲しい、オンライン学習への対応など。

学校の苦難は続くのだ。

 

この1年半、日本は何に取り組み、何を学んできたのだろうか。

私は、首相就任時の「まず自助、そして共助、公助」の言葉を思い出す。

確かに、私たちは「自助」しかないと思い始めている。

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »