メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

あきらめては、いけない。

3月22日の日曜日。 こちら狭山では25度まで気温が上がるとか。

コロナウィルス、・・・いったいどうなるのだろうか。

教育のダメージも大きい。4月からの新学期が見えない。

しかし、やはり一斉休校は無茶だったと、私は今も思う。

学校を、子どもたちの命と安全を守る砦にして、地域全体で、あらゆる対策を取るべきだったのではないか。学校の外で、個人の判断に任せるほうが危険ではなかったか。

あの突然の一斉休校で、学校の仕組みや、地域の中の信頼関係が壊れたのではないかと危惧している。学校は常に地域の中にあるのに。

 

森友問題、それでも調査しないと誰が言えるのか。

おかしいと思っていて、黙っていることはいいのか。 

私たちは、子どもたちに、若者に、どう説明するのか。

 

プライベートの報告を。

彼岸入りの前の16日に、49日法要を行い、納骨を済ませました。

10年前に墓を購入していて、初めての納骨。

そうか、お母さんが先にこのお墓に入ったのか、と思いました。

昨日、お彼岸だなと思ってお墓に行きました。6日前に活けた花が萎れていたので新しくしました。ここで一人で寂しいだろうなと思いました。

 

思うままにここまで書いて、このタイトルにしました。

 

 

 

 

 

 


«  | 記事一覧 |  »