メニュー表示

会長 Diary

教育への思いを徒然につづった日記帳

この夏の子どもたちは

今日から8月、今日も猛暑間違いなし。

そんな中、全国のウイルス感染者は1万2千人を超えた。東京は4千人を超えた。他の首都県もそれぞれ過去最高を更新している。

国からは、オリンピックは絶対ストップしないという固い決意のもと、追加の緊急事態宣言が出た。

でも、昼間のお月様みたいなもので、もう誰も気にしていないのだろう。

国の方針に従って家でじっと我慢していても、何もよくならないし、ニュースでは、オリンピック関係者のウイルス感染増や、選手村から抜け出しての路上飲み、警察沙汰のトラブルも報道されているではないか。

このどこが緊急事態なのか。

一般人には、もうそんなものは無くなってしまった。

 

いや、緊急事態宣言が効果(被害)を上げているところがある。

飲食関係者、もうとにかくドンドン追いつめている。

廃業を迫っているとしか思えない。

 

もう一つは、子どもたちだ。

家から出ないでTVでオリンピックを応援しなさいと。

支給された機器を使って、独り学習をしなさいと。

とんでもない。子どもにとって夏休みは休みじゃない。

ふだんと違って、「未知の体験」のステージなのだ。

去年の夏も、そうだった・・・。

 

「社会がこわれている」

私たちが知りたいことが何も説明されないようすに、私はそう感じ始めている。

 


«  | 記事一覧 |  »